CMシステム家づくりネット 原価公開で家を建てる

神奈川・東京・千葉・鹿児島

お問い合わせ・資料請求

家づくりお役立ち情報

CMシステム家づくりネット > 家づくりお役立ち情報 > 地鎮祭って何?

家づくりお役立ち情報

地鎮祭って何?

~地鎮祭って何?~

地鎮祭とは、工事着手の前に行う「安全を祈願する儀式」のことです。

少し詳しく言うと、

  1. 土地の神様や工事の守護神を祀る(まつる)こと
  2. 敷地(土地)の汚れを清めること
  3. 工事の無事進行を祈願する
  4. 永遠の加護を祈願する

であり、これらを願う儀式です。

地鎮祭(じちんさい)は別名「とこしずめのまつり」とも言われ、他にも、鎮地祭、土祭り、地祭り、地祝いとも言われます。

また、地鎮祭(じちんさい)は、建築の三大祭典の1つに数えられます。三大祭式は他に、上棟式(じょうとうしき)、竣工式(しゅんこうしき)があります。祭典とは、祭り事なのでめでたい行事として捉えられています。

三大祭典の中でも、地鎮祭は最も大切であると考えられており、現在では省略されることの多い上棟式や竣工式に比べて、多くの家作りや建築現場で行われています。

最近では、地鎮祭と同じ意味で安全祈願祭を行うこともありますが、安全祈願祭では「地鎮の儀」が省略されています。

公共工事では、地鎮祭ではなく「起工式」と呼ばれていて、神事はなく式典のみ行われています。

このように、工事の種類によって地鎮祭の内容も多少異なりますが、いずれにしても工事の安全を土地や神様に祈り、今後永遠の加護を祈る儀式です。

工事をしてくれる職人さんたちのこと、家が完成してからの生活のことなどを考えても、不安な気持ちを残さないために、地鎮祭は是非とも行うことが望ましいと言えます。

地鎮祭の流れについて

一般的な地鎮祭の流れは次の通りです。

  1. 修祓(しゅばつ) – 祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式
  2. 降神(こうしん) – 祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。神職が「オオ~」と声を発して降臨を告げる。
  3. 献饌(けんせん) – 神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。酒と水の蓋を取る。
  4. 祝詞奏上(のりとそうじょう) – その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。
  5. 四方祓(しほうはらい) – 土地の四隅をお祓いし、清める。
  6. 地鎮(じちん) 刈初(かりそめ)穿初(うがちぞめ)鍬入(くわいれ)等が行われる。
  7. 玉串奉奠(たまぐしほうてん) – 神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂を付けたもの。
  8. 撤饌(てっせん) – 酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。
  9. 昇神(しょうしん) – 神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。

こんなふうに書くと、なんとも厳かで神妙になってきますね!ではもう少し地鎮祭について書いてみます。

現場の最初の行事

現場の最初の行事が地鎮祭です。土地の神を鎮め、神を祀って工事の無事を祈る儀式、安全祈願祭と呼ばれることもあります。

余談ですが、『テントを張れば、雨が降らない』というジンクスもあるようです。前日にテントを張っておくと、大抵は使わないまま、しまうことになります。

必要なものは、

  • 竹4本(場合によっては5本)
  • 周りに張る小縄(神主さんが持ってくるのが普通)
  • バケツ1杯のきれいな砂
  • すき・くわ・かま
  • 設計図面

です。小縄以外は工事業者で用意します。

砂はすぐに手に入るのですが、竹はなるだけ新鮮なものが良いですので、その日の朝に用意します。これは最近、特に都市部では探すのも結構大変です。

また施主には以下のお供えものを用意してもらいますが、その土地・神社によっても変わるようですので、事前に工事業者にお聞きください。

  • 米1合
  • 皿1杯の塩
  • 野菜5種類程度(必ず野菜昆布は必要)
  • 果物5種類程度
  • 鯛を1尾
  • お神酒(一升瓶)(地域によって焼酎でも清酒でも)
  • お水コップ2杯程度(ペットボトルに入れてでOK)

神事なのでかける費用は気持ち次第ですが、神官への謝礼には一般的には1万円から2万円が多いようです。

CMシステム鹿児島 コンストラクションマネージャー 上野

top